HOME > 薬王寺めぐり > 瑜祇塔

薬王寺めぐり
《薬王寺境内案内》

薬王寺温泉

四国霊場巡礼用品

サイトマップ

瑜祇塔

(高さ29m)
昭和38年9月建立         
本尊金色五智如来

昭和39年は弘法大師が四国八十八ヶ所の霊場を開創してからちょうど1150年に当たり、また、翌40年は高野山開創1150年に当たるのでこれを記念して建立されたものである。
瑜祇塔は真言宗所依の経典である。
瑜祇経の教理を形にあらわしたものであり、経文には世の中のものみな二つの相対したものからできているが、これが一つになることによって世界の平和や家庭の幸福の基礎があると説かれている、天と地が和合して万物が豊かとなり、労使が相寄って社会の平和ともなる道理である。
瑜祇塔には上方に金剛智慧をあらわす五峯を示し、周囲に胎蔵の理論の表示である八柱を建て、これが不二を示すよう上の方が四角、下の方は円筒形の一重の塔となっている。

瑜祇塔

春の瑜祇塔
春の瑜祇塔
秋の瑜祇塔
秋の瑜祇塔