HOME > 薬王寺めぐり

薬王寺めぐり
《薬王寺境内案内》

薬王寺温泉

四国霊場巡礼用品

サイトマップ

薬王寺境内案内

 

薬王寺縁起

醫王山無量寿院薬王寺は、神亀3年(726年)、行基菩薩が聖武天皇の勅願を受け、この地に巡錫し、一寺を建立された。
弘仁6年(815年)、弘法大師42歳のとき、平城上皇の勅命によって本尊厄除薬師如来を刻んで開基した阿波の国薬王寺は、四国八十八ヶ所第23番の霊場であり、厄除根本御祈願所として全国にその名を知られている。
寺号を無量寿院医王山といわれているのは、無限の生命を伝え、医の王である意味。また、寺名を薬王寺というのは、薬の王であることを意味している。
高野山真言宗の別格本山とされ、嵯峨上皇、淳和天皇は勅使を使わされて厄除の祈誓を願われ、土御門上皇は嘉禄2年皇居として行在せられ、また後嵯峨天皇は寛元元年当山伽藍の再建をして仁助親王が落慶の法筵に入れられたと伝えられている。

別格本山

専ら由緒ある寺院で、現勢が大本山ほどでなく、一宗派として歴史的にも重要視される寺院。

醫王山・無量寿院・薬王寺

当山御本尊『厄除薬師如来』の別称を「医王尊」「医王善逝」という。

醫王山とは

妙薬をもって人々を救済する「医の王(薬師如来)」が住する山(場所)を表す。

薬王寺とは

その妙薬を自在に使われる「薬の王(薬師如来)」がここに鎮座なさっている寺であることを表している。

無量寿院とは

薬師如来の功徳(妙薬)によって、無限の生命を伝えていくという意味である。